トライ&エラーな日々の実践目録!

NEW!

2019年3月11日月曜日

貯まったdポイントを有効活用しちゃおう!無料で発行できるdocomo dプリペイドカードを取得する方法!!

携帯会社のプリペイドカードと言えば、auの「au Walletカード(Mastercardプリペイド)がクレジットカードと同様に使えるとして有名ですが、ドコモにも「dプリペイドカード」と言う似た感じのプリペイドカードが発行されているのはご存知でしょうか?

ドコモ系カードで有名なのはクレジットカードのdカード(DCMX)やdポイントカードですが、最近dプリペイドカードという新たなカードが発行されました。

私はこのカードの事を知ったのはごく最近ですが、プリペイドカード的にはマイナーな感じなのかな?

今回はこのdプリペイドカードをゲット出来たので、その取得方法やdポイントのチャージ方法をご紹介したいと思います。


docomo dプリペイドカードとは

dプリペイドカードとは、発行するのに審査がなく、また発行手数料や年間費が一切かからない前払チャージ方式のカードとなり、クレジットカードと同様に専用カード番号があるので、国内のiD加盟店や国内外のMastercard加盟店、ApplePayで使用できるプリペイドカードとなります。

また、docomo発行のカードとなりますので、お買い物でdポイントが貯まったり、ローソンでのお買い物が3%OFFの特典が付いています。

なお、このプリペイドカードを発行するのにドコモの携帯電話契約は不要ですので、誰でも気軽にカードの発行手続きを行うことが可能です。


dプリペイドカードの発行申し込み方法

このdプリペイドカードを発行する方法はWebでのみの受付となります。

それでは手続き方法のご紹介ですが、まずはdプリペイドカードの公式サイトにアクセスをします。

なお、dプリペイドカードの公式サイトは三井住友カードの方にもあり、カードの仕様等が分かりやすく記載されています。。

サイトを開いたら「入会申込み」を押して入会手続きを行います。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_01



お申込み画面では最初に入力情報の同意が必要となりますので、ここは同意して申し込みます。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_02


dアカウントをお持ちの方はdアカウントのログイン画面が表示されますので、お持ちのアカウントでログインします。

もしdアカウントをお持ちでない場合は、事前にdアカウントの作成を行っておきましょう。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_03


ログイン後は最初に「三井住友プリペイド購入規約」の同意画面が表示されますので、ここでは同意すると、dプリペイドカードの申し込み登録画面が表示されます。

各記入項目を埋めたら確認ボタンを押します。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_04


確認ボタンを押すと入力内容が表示されますので、間違いが無いかを確認して登録ボタンを押して完了です。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_05


カードが到着するまでは1週間から10日程度掛かるようです。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_06


全ての手続きが終わると登録したメールアドレスに確認メールが届きます。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_07

dプリペイドカードが到着する日数

私がカード発行の申し込んだ時は年始のお正月中だったのですが、約1週間ほどでカードを受取る事が出来ました。

年末年始でなければ更に早く受取ることが出来たかもしれませんね。

日数
カード申し込み 2019年1月2日
カード受け取り 2019年1月10日


dプリペイドカードの利用確認

dプリペイドカードを受け取った後は再度dプリペイドカードの公式サイトにアクセスして、利用確認とチャージを行います。

dアカウントでログインすると、追加認証としてプリカ申込み登録時に入力した生年月日を入力するように表示されます。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_08

どうやら毎回ログインの度にこの追加認証の画面が表示される様ですね。


ログインするとdプリペイドカードの残高が表示されますので、利用する場合は事前にチャージを行いましょう。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_09


dポイントからのチャージ方法

チャージ方法は簡単で、メニューから「チャージ」を選ぶと下のような画面が表示されますので、金額と支払い方法を選んで確認ボタンを押すだけです。

後は支払画面に移行するのでチャージの支払い方法に合わせた手続きを行います。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_10


今回はdポイントを利用する為にdプリペイドカードを作成したので、支払い方法に「dポイント」払いを選んでクリックします。

チャージ金額で指定出来るのはどれを選んでも「500円~50,000円」までのようですね。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_11

クリックするとチャージについての説明が表示されますが、肝心のdポイント残高が表示されないと言うぽかーんな仕様です。

なので、dポイントチャージを行う前に事前にdポイントクラブにアクセスして、ポイント残高を確認しておきましょう。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_12

ここで確認する際、期間・用途限定ポイントはチャージが出来ませんのでその分を差し引いてからチャージしましょう。


dポイント残高を確認後にチャージ金額を入力して確認を押すと確認画面が表示されますので、チャージ金額に間違いがないかを確認します。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_13


確定後はdアカウントのログイン画面に遷移しますので、dアカウントのパスワードを入力して次へを押します。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_14

次へを押すと決済内容の確認画面が表示されます。再度チャージ額について間違いがないかを確認して「承諾して購入する」をクリックします。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_15

ちなみに「承諾して購入する」のすぐ下にダイレクトメール配信設定があるので、不要な場合はチェックを外しておきましょう。


決済が完了した後は次へを押すとdプリペイドカードアカウントに戻ります。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_16


これでdポイントからのチャージ手続きが完了です。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_17


TOPメニューに戻ると先程チャージしたdポイント分の金額が残高に反映されているはずです。docomo_dプリペイドカード発行手続き_18


このようにdポイントチャージをする事で、dポイントの有効期限がdプリペイドカードの有効期限に移るのでポイント未消化が無くなりそうですね。


ちなみにdポイントから実際にチャージ出来る金額は「500円~10,000円(最大合計10,000円)」までの様です。

Q.dポイント利用とは何ですか?

お客さまがお持ちのdポイントを1ポイント=1円として、お支払いいただく方法です。
dポイント利用によるチャージ金額の上限は、10,000円/月となります。
dポイント残高、およびdポイント利用にてチャージされた金額については、dポイントクラブサイトにてご確認ください。
dポイントクラブサイト
※別ウィンドウで株式会社NTTドコモのウェブサイトにリンクします。
※dポイント利用に、「期間・用途限定ポイント」はご利用いただけません。


インターネット本人認証サービスの設定

他に、ネット利用のセキュリティ対策として、dプリペイドカードはMastercardと同様にインターネットショッピング本人認証サービスの利用が可能です。

メニューの各種変更から以下のように登録画面に進めますので、カードを利用する際に必ず設定しておきましょう。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_19


パスワードとパーソナルメッセージを設定して確認を押すと下記の画面に移行しますので、確定を押せは登録完了です。

docomo_dプリペイドカード発行手続き_20


ココまで入力し終わって気付いたのですが、au Walletカードにはある利用開始手続きが無いような・・・?

もしかしてセキュリティはガバガバなのっ!?

dプリペイドカードの開封の儀

それではdプリペイドカードの開封の儀を行いたいと思います。

カードは本人限定受取郵便で送られて来ますので、配達員から受取時に免許証等での本人確認が必要となります。

docomo_dプリペイドカード到着_01


封筒の中身です。
カード台紙や利用ガイド、会員規約が入っていました。

docomo_dプリペイドカード到着_02


カード台紙の中身です。
このdプリペイドカードの有効期限は発行時から5年間有効と記載されています。

docomo_dプリペイドカード到着_03


dプリペイドカードの表面です。
クレジットカードと同様な16桁の数字と有効期限があり、dポイントカード番号も記載されています。

docomo_dプリペイドカード到着_04


dプリペイドカードの裏面です。
裏面にはクレカと同様で利用者のサインが必要となります。

このカードはコンビニ等で利用できるiD決済にも対応していますので、iDカード番号も記載されています。

docomo_dプリペイドカード到着_05


そう言えばプリペイドカードで思い出しましたが、もし海外で使う場合は海外専用プリペイドカードのNEOMONEYが便利かもしれませんね。

海外のVISAや銀聯の加盟店でショッピングする際や、世界各国のATMで現地通貨を引き出し際に使えるプリペイドカードとなっています。

また、このカードはプリペイドなのでクレジットカードのように入会金、年間費、口座維持手数料、審査が無く、カードを申し込めばすぐに発行されます。

使用する際はプリペイドなので、入金時のチャージ額の範囲内でのみ使用出来て、残高の管理が日本円となります。その際のレートは最新の為替レートでの自動変換されます。

使い方としては13歳以上から申し込みが出来るので、例えば中学生や高校生で海外への修学旅行に行く際にこのカードを持たせることで、現金を持ち歩くより安全にショッピングが可能になります。

また、留学する際にもクレジットカードの代わりに持たせるのも良いかもしれませんね。

もし何かあった時は日本にいる家族からの入金も可能なので、不意のトラブル対応や資金管理も出来て安全便利です

ちなみにNEOMONEYのカードは一般的なプリペイドカードとは違い、カードの盗難や紛失した場合でも「紛失・盗難デスク(24時間365日対応)」から届け出が可能です。

なお、日本国内ではこのカードが使用出来ないので、ほんとに海外専用のプリペイドカードとなります。

まとめ

dプリペイドカードはクレカの様に審査がないので、約1週間程度で受け取れるのが早くて良いですね。

また、カードのキャンペーンとしては、ドコモがdポイントの利用先を増やそうと色々太っ腹なキャンペーンを行っているようですので今後に期待できるかもしれません。それにdカードをお持ちであればこのカードと併用してdポイント利用が出来るのも良いですし。

そう言えばこのカードは電子マネー社会を見越したカードと思いますが、QRコード決済のPaypay等を利用するよりも、こちらのカードを利用した方が使い勝手が良さそうな気がしますね。

他に・・・ふと気付いたのですが、dプリペイドカードとドコモ口座って使い方が微妙にバッティングしてるような(´・ω・`)

0 件のコメント:

※不適切な表現について:問題がありそうなコメントは削除致しますのでご了承ください。
※絵文字入力対応(Twitter風):🤣😋🤔🤟💖

コメントを投稿

Post Bottom Ad

Sponsored Links

ページ