トライ&エラーな日々の実践目録!

NEW!

2018年10月19日金曜日

省エネ生活を目指してエコチェッカーの「ET30D」を試してみる!

今回はエコな話題をチョイスしてみます。

パソコンパーツの情報を調べると、ビデオカードを搭載した時のパソコン全体の消費電力を記載したサイトがありますが、私も消費電力を実際に計測してみたいと思っていました。

Amazonのギフト残高が丁度余っていたので、ネタついでにリーベックス製のエコチェッカー「節電エコチェッカー ET30D」と言う商品ををポチってみました。


top_0033

一般的な電流や電圧を測定するためのツール「デジタルテスター」は持っていますが、家電製品の積算電力消費量を一つ一つ計算するには非常に面倒なので、こういった積算が出来るエコチェッカーは便利です。

ちなみに消費電力のチェックと言うと、現在は低調な仮想通貨マイニングの経費計算をする事が出来るので考え方によっては使い道がありそうです。


節電エコチェッカー「ET30D」の特徴と仕様は?

コンセントにつなぐだけで家電製品やパソコンの消費電力がリアルタイムで分かる!

ECOボタンを押すだけで、6種類(消費電力/積算使用時間/積算電気料金/1時間当たりの料金/積算使用電力量/積算CO2排出量)の節電情報が簡単に測定できます。

<使い方>
・デジタルエコチェッカーをコンセントに差し込み、電機器具を使用します。
・ECOボタンを押すたびに、液晶画面に6種類の節電情報を表示します。

<仕様>
・定格電圧:AC100V、50/60Hz
・最大定格入力電力:1500W(15A)
・消費電力:1W以下
・最小測定可能不可電力:5W〜1500W
・消費電力測定精度:±5%W
・本体サイズ:H66×W66×D32mm、約98g
・パッケージサイズ:H21.5×W11.5×D5.3mm

<注意事項>
1.消費電力が5W以下の電機器具やAV機器の待機電力は測定できません。
2.出荷時は電気料金率を22円/KWhに設定してあります。電気料金が変動した場合は電気料金率を簡単に変更可能です。
3.液晶表示はコンセントに本体を差し込んだ時のみ表示します。
4.充電電池を内蔵していません。コンセントから抜くと液晶表示は消えますが測定データは1年間保存されます。
5.本機は防水ではありませんので、屋外や水のかかる場所では使用できません。



今回、私が欲しかった計測機能は以下の通りです。

  • 消費電力量
  • 積算使用時間
  • 積算電気料金
  • 1時間当たりの電気料金積算使用電力量


ちなみに「積算CO2排出量」は・・・これって一般家庭に必要?と思いますね(´・ω・`)


節電エコチェッカー「ET30D」の中身

開封後のパッケージとチェッカー本体を並べてみました。

本体の重さが100g近くあるので、手にとって見ると意外とずっしりした重さです。

Eco_ET30D_01


エコチェッカー本体写真です。デザインがシンプルで分かりやすいですね。

ちなみに液晶部分はコンセントに差し込まないと表示されません。

Eco_ET30D_02


本体の裏側の写真です。

定格入力容量が15Aまで対応しているので、一般的なコンセントと同様にに使えそうです。

Eco_ET30D_03

パッケージ表面の説明書き部分です。

計測データの保存期間が1年間記録出来るのは良い機能ですね。

Eco_ET30D_04


パッケージ裏側の写真です。

エコチェッカーの使用方法が記載されていて、何の計算が出来るのか分かりやすいです。

Eco_ET30D_05


ドライヤーを接続して消費電力のチェック

今回はとりあえず、このエコチェッカーがどんな風に表示されて動作するのか?をチェックしてみたいと思います。

試しに1200W級のマイナスイオンドライヤーを接続して計測してみる事にします。


コンセントにエコチェッカーを挿入すると、液晶画面に数字が表示されました。

現在はケーブルを繋いだだけの状態なので「消費電力」が0と表示されています。

では、ドライヤーの電源スイッチを入れてみたいと思います。

Eco_ET30D_06


まずはスイッチを「弱」に入れる・・・おお、ちゃんと消費電力が表示されていますね。

液晶に表示されたのが「126W」なので、消費電力の計算は「100V × 1.26A = 126W」という事でしょうか?

Eco_ET30D_07


次は電源スイッチを「強」に入れてみると・・・?

ぉお↑↑、一気に消費電力が跳ね上がってしまいました。

Eco_ET30D_08


次はエコチェッカー前面にある緑色のECOスイッチを押してから「積算使用時間」に切り替えてみます。

液晶に分単位以上が表示されました。

Eco_ET30D_09

再度ECOスイッチを押すと「積算電気料金」に切り替わりました。

こちらは小数点第2位まで表示されていますね。

Eco_ET30D_10


またECOスイッチを押して見ると、次は「1時間あたりの電気料金」が表示されました。

Eco_ET30D_11


再度ECOボタンを押すと、今度は「積算使用電力量」が表示されました。

Eco_ET30D_12


もう一度ECOボタンを押すと最後の項目として「積算CO2排出量」が表示されました。

Eco_ET30D_13

・・・やっぱりCO2表示は要らないなぁ(´・ω・`)


まとめ

安価なわりにそこそこ多機能なエコチェッカー「ET30D」ですが、今後の購入レビュー記事に活かせるように、消費電力のチェックを行っていきたいと思います。

ちなみにですが、今回紹介したエコチェッカーは詳細な計測機能はありませんが、他のエコチェッカーを探すと電流や電圧等の様々な計測が出来るタイプもあるようです。

欲しい機能があれば別のも検討してみて良いかもしれません。

0 件のコメント:

※不適切な表現について:問題がありそうなコメントは削除致しますのでご了承ください。
※絵文字入力対応(Twitter風):🤣😋🤔🤟💖

コメントを投稿

Post Bottom Ad

Sponsored Links

ページ